6月も今日でちょうど真ん中です。

6月といえば、ジューンブライドですね!
5月と比べると結婚式の数も落ち着いてくる印象もありますが、
まだまだ結婚式が多い時期でもあります。
当店でも続々とゲストドレスのレンタル予約が入っています。

では、実際6月に結婚式をするカップルはどれくらいいるでしょうか?

6月に結婚式をするカップルは?

2013年4月~2014年3月の間に結婚式をした首都圏のカップルに「挙式を実施した月」について調査しました。

【挙式を実施した月】
1位 11月 15.1%
2位 10月 12.3%
3位 5月 9.3%
4位 9月 9.0%
5位 6月 8.9%
(結婚トレンド調査2014)

出典: ブライダル総研

6月は一年で5番目に結婚式が多い時期です。
5月、9月とも差がありません。

やはりジューンブライド効果?

ジューンブライドとは?

花嫁が幸せになると言われるジューンブライドですが、
なぜ6月なんでしょう?

ローマ神話の結婚生活の女神ユノー(ジュノー)を祝う月が6月。
その月に結婚すると幸せなれる。

という説が有力です。
その恩恵で花嫁さんには幸せになっていただきたいですね!

実際、天気はどんな感じ?

ちなみに、福岡では、
今年6月の週末の天気は、
晴れ → 曇り → 曇り → 曇り/晴れ
ときてまして、今週末の予報は、
曇り/晴れ → 曇り
の予報です。

梅雨だけど、意外と天気は悪くないです。

でも、雨が降ったとしても大丈夫です。
アルパカで鮮やかな色のドレスをレンタルして、
梅雨の憂鬱さを吹き飛ばしましょう!

まずはマナーが大事

当然ですが、マナーはきちんと守ってくださいね!(^^)
ゲストドレスのマナーを復習しておきましょう。

全身白のコーディネートはNG

白は花嫁さんの色です。
ゲストの方が白っぽいドレスを着用していくと目立ってしまいます。
薄いベージュやシルバーも光の加減によっては白に見えてしまいます。
ですので、白っぽいドレスを着る場合はボレロを黒にするなど、
考慮が必要です。

全身黒のコーディネートはNG

黒は喪服のイメージがあるので、全身黒は避けた方が良いでしょう。
お祝いの席ですから。
黒ドレスの上にベージュなど明るめの色のボレロやストールを羽織ると良いです。
例えばゴールドのストールだとゴージャスさが出ます。

上記のような点さえ考慮すれば、ドレス選びのマナーは難しいものではありません。
おめでたい席ですので、祝福の意味も込めまして、
鮮やかな色のゲストドレスもいいのではないでしょうか!