仲の良い友人や同僚の結婚式の場合、受付を依頼される場合があります。当店でドレスレンタルされるお客様でも、初めて受付を頼まれた。何を着ていけばいいんですか?受付って何をするんですか?という質問をされる方も少なくありません。受付はどんな仕事なのでしょう?また、そのときの服装はどうしたらいいでしょうか?今回は、受付の仕事の役割を中心にご紹介します。

結婚式の受付は大事な役割

受付は、結婚式に招待されたゲストが最初に立ち寄るところです。新郎新婦に代わり、ゲストを出迎えるという大切な役割があります。ゲストが気持ちよく結婚式・披露宴を迎えられるよう、笑顔で対応しましょう。

結婚式での受付が行う主な仕事

  • ゲストの芳名帳への記帳、ご祝儀を受け付け、お金の管理をする
  • ゲストに席次表・席札を渡し、会場の案内をする

前日までに受付が確認すべきこと

  • 集合時間 ※受付開始の30分前までには着くようにしましょう
  • 受付で預かったご祝儀の保管先・お渡しする相手(親族の誰か)
  • お車代を渡すゲスト

ご祝儀の管理はきちんとしましょう。ご祝儀の盗難なんていうトラブルも聞きます。多額のお金が集まるので、緊張感をもって役割を果たしましょう。お手洗いなどで受付を離れるときは、必ず誰がが受付に残るようにしましょう。また、預かったご祝儀を最終的に渡す相手は必ず「決められた人」だけに渡しましょう。絶対に別の親族や会場のスタッフに手渡してはいけません。(ご祝儀泥棒である場合もあります・・・。)式場によっては、会場の金庫に預ける場合もあります。その場合は、担当スタッフと一緒に受付の全員で金庫まで出向き、預かった鍵を確実に「決められた人」に渡すことを全員で確認しましょう。

当日、受付が注意すべきこと

  • お車代を渡し忘れない・間違えない
  • ご祝儀の管理

受付業務で手一杯で自分の受付をし忘れたという話を聞いたことがあります。(^^;ゲストの受付開始前に、受付スタッフ同士で確認しあって受付を済ませておきましょう。

受付という、大切な役割を果たすためにも服装やマナーに気をつけましょう。

服装のポイント

明るく華やかな色のドレス

基本は通常のマナーと同じです。淡い色や鮮やかな色がいいでしょう。当然、白一色、黒一色は避けましょう。派手なデザインもNGです。

露出が多いのはNG

肩の露出はマナー違反です。ボレロかストールを羽織りましょう。(ボレロの方が動いてもずれにくいです。)

胸元が開いたドレスは注意

おじぎをする際やリストをチェックする際に胸元が見えない服にしましょう。胸元がゆったりしていないものの方が良いでしょう。

以上のことに注意して素敵なドレスを見つけてくださいね。(^^)