一気に寒くなってきましたね。夏が終わったと思ったら、秋を通り越して冬に近づいた気がします。これから、どんどん寒くなっていきますが、まだまだ結婚式が多い時期でもあります。

寒い季節はどんなドレスを着ればいいのでしょうか?

ドレスのデザインや素材も季節によって、そんなに違いはありません。結婚式をイメージしていただければ分かると思いますが、長袖を着ている花嫁さんって見かけませんよね?そして、参列者のみなさんも、結構薄着です。フォーマルに季節はあまり関係ないです。そもそも、フォーマルなものは大体薄地だったりしますし。

暖かい素材にしたいのですが

暖かい素材でも、ウールやニットはカジュアルな素材になります。ですので、フォーマルな場では相応しくありません。結婚式などフォーマルの場にふさわしい素材というと、ベロア素材やベルベット素材です。

季節感を出すには?

色で季節感を出すのも良いのではないでしょうか。ワインレッド、ネイビー、ダークグリーン、ブラウンがおすすめの色です。

寒い中、移動はどうする?

コートを着ていけばいいですよ。会場には大体クロークがありますので、そこにコートを預ければいいのです。もっと寒い時期には、間にカーディガンを着ていっても良いと思います。それもコートと一緒に預ければいいです。
そんなに寒くない場合はスプリングコートのような薄手のコートでよいでしょう。ノーカラーコートやロングコートだとドレスにも合うと思います。ドレスに合うコートがないという方は、カシミアロングコートなんかは1枚持っていれば、急な冠婚葬祭でも困りませんよ。持っていて損はないと思います。

ちなみに、ダウンコートや毛皮のコートはNGです。ダウンコートはカジュアルすぎるし、毛皮のコートは殺生を連想させるためやはり結婚式にはふさわしくありません。

タイツは?

寒さ対策として思いつくのはタイツですが、これはマナーとしては相応しくありません。

ファーボレロは?

近年は羽織物でファーボレロの方も少なくありませんが、あまり好ましくありません。

特に、以下のような結婚式での着用は避けた方が良いでしょう。

  • 格式高いホテル・式場での結婚式
  • 神社で行う神前式
  • 職場関係の結婚式
  • お家柄が固めな方の結婚式
  • 高齢の方が多い結婚式

まとめ

冬の結婚式での防寒対策についてご紹介しました。コートは会場のクロークに預けるので何を着てもいいのではなく、会場までの移動など、大勢の人に見られているのを忘れないようにしましょう。