12月に入り、予約状況からすると、結婚式も来週末くらいで落ち着きそうです。その後は、パーティーや忘年会が増えてきます。

結婚式ゲストドレスやパーティードレス選びでは服装マナーは大事にしたいところです。似合うドレスを探す前に、是非一度服装マナーを確認してみてください。

また、年齢によって、ゲストドレスやパーティードレスの選び方が変わってきます。今回は年齢別の適切なドレスの選び方をご紹介します。

20代の方

当店では、今回初めて結婚式に出席するというお客様もよくいらっしゃいます。まずドレスを選ぶ時に気をつけていただきたいのが、素材です。綿やウールなどの素材はカジュアルな素材に分類されますので、結婚式に適しません。シフォンや光沢感のある素材はオススメです。

色は、ベージュ、ピンク、ネイビー、黒が定番です。避けなければならないのは、全身が黒一色になることとです。例えば、ドレスが黒、ボレロも黒、パンプスも黒のような。(もちろん、花嫁さんの色である白も避けましょう。)せっかくの華やかな舞台ですので、鮮やかなワインレッド、紫、グリーンも良いですよ。

20代であれば、膝丈、または膝上5〜10cmくらいが良いと思います。バランスがキレイに見えますよ。ただし、ぴったりすぎるタイトスカートや極端なミニ丈は避けた方が良いです。

30代の方

「落ち着いた色がいいです」「年齢的に黒かネイビーの方がいいですよね」とおっしゃる方もたまにいらっしゃいますが、会場は華やかですので、鮮やかな色でもいいと思いますよ。主役より目立たなければ大丈夫です。

着丈は膝丈くらいがバランスが良いと思います。

40代の方

着丈はとても大事になってきます。膝丈〜膝下5cmくらいの着丈は欲しいところです。同じくらいの着丈のドレスでも、形によっては膝が出てしまったりするので、試着でしっかり確認しましょう。

まとめ

年齢別のドレスの選び方をご紹介しました。

ネットで見てかわいいドレスだと思っても実際に着てみると印象が変わる場合もあります。当店では、お客様の年齢、体型を考えて、似合いそうなドレスをご提案しております。「自分では選ばない形だけど、とても似合うドレスが見つかった!」という声もいただきます。

試着はとても大事です。是非、ご来店いただいて、お気軽に試着してみてくださいね。